山下湘南夢クリニック

山下湘南夢クリニック


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

神奈川や湘南のクリニックでは体外受精の不妊治療を行っています。受精が困難な女性のために卵子と精子を外に取り出します。専用容器で受精卵として育てて培養します。培養した受精卵は胚とも呼ばれて最終的に女性の子宮に胚を移植します。体外受精はいわば卵子と精子の出会いを仲介する事といえます。神奈川や湘南のクリニックでも違いがありますが、一般的には10個の卵子の中で7~8個の卵子が受精します。培養液の中で育てられた受精卵は細胞分裂を繰り返して胚になります。順調に育った胚を選んで移植します。良好な胚を選ぶことは体外受精後の着床と妊娠に大きくかかわってきます。胚を評価する方法として、一般的に受精後の細胞分裂数が多くて細胞の大きさは均一さが求められます。良好な胚は妊娠率がより高くなるので、2日から5日間のあいだに選んで体内に戻します。体外受精をする対象は男女どちらもあります。女性の卵管が詰まったりすることで不妊症の原因になります。男性側は男性機能や精子の機能が低下すると不妊症につながります。不妊治療の方法は他にもありますが、それでも妊娠につながらなかった場合は体外受精の対象となります。かかる費用の平均はおよそ38万円になります。もし繰り返せば100万以上になるでしょう。医療費が高額となるので、国からの助成制度で数万円に抑えることも可能です。助成額は1回で30万円、6回まで助成を受けられます。妻の年齢が43歳未満であることを満たしていれば助成負担を大きく減らせます。基本的に不妊治療は保険が適用されないので自費診療となります。神奈川や湘南のクリニックを選ぶ際は必要な費用をよく確認しましょう。費用は各クリニックでバラつきがあります。これまでの実績や通いやすさなどで希望に近いクリニックを選びましょう。そして、体外受精は登録された施設でしか行えません。住んでいる地域はどの施設でできるのか検索してみましょう。
『関連情報:不妊治療・体外受精・湘南・神奈川