アールシーレンタカー

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーなら「アールシーレンタカー」 – アールシーレンタカーは損保・事故代車専門のレンタカー会社です。商用車・冷凍車・特殊車両などご利用者様のニーズに合った様々な車種をご用意しています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーは「アールシーレンタカー」にお任せ下さい。ご利用者様の様々なニーズに対応した車種をご用意しております。代車の受付から納車までのスピードは業界トップレベルです。365日専門スタッフが対応。お気軽にどうぞ。

業務上の車の中には、パッカー車やアームロール等の種類が存在しています。パッカー車やアームロールの場合には、手動運転が基本になります。自動運転をする場合、手足に障害がない場合はそのまま運転しても問題ないかもしれません。しかし、先天的な病気や後天的な病気あるいは怪我によって腕が使えない人や足が不自由な人などもいるでしょう。このような人たちは、パッカー車やアームロールなどの業務用の車を運転することができないかと言えば、そのような事はありません。例えば、左アクセスにすることにより右足が悪い場合には運転することが可能です。左アクセスにする場合には、様々な問題がありますが、基本的に左アクセスに改良するだけでもお金がかかってしまいます。そのため、多くの会社ではそのような業務用の車両を利用していないケースが多いです。そうすると、手足のどこかに障害がある人の雇用の機会が少なくなってしまうでしょう。過去に工事現場で働いていた人は、それなりの知識と経験があるものです。その知識と経験を生かすために手動運転でありながら問題なく運転できるアームロールやパッカー車を利用したいところです。この場合には、手動運転のレンタカーを借りると言うでしょう。中にも様々な種類がありますが、業務用の作業者の中に障害者でも運転できるようなものが用意されていることがあります。一般のレンタカー会社よりも、少し特殊な専門的な商品を扱っているレンタカー会社ならば車両を選ぶことができるでしょう。このような車両は、利用者も少ないですが貸し出しできる台数も少ない傾向にあります。もし、他の会社で利用している場合には利用ができなくなってしまうため、早い段階で借りた方が良いでしょう。普通の車よりも、改造が施してありますので、その分だけ料金は高くなるかもしれません。料金を考えて本当に費用対効果があると考えるならば、積極的に利用してみるが良いかもしれません。
『関連情報:手動運転・アームロール・左アクセス・パッカー車のレンタカー