西船橋こやまウィメンズクリニック

西船橋こやまウィメンズクリニック


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

西船橋こやまウィメンズクリニックは千葉県船橋市にある産婦人科です。一般不妊治療から体外受精や顕微授精などの高度生殖補助医療を専門としたクリニックです。

『赤ちゃんが欲しい』と切実な思いもあれば、産婦人科にまずは相談するでしょう。初診でなく、セカンドオピニオンというように、第三者の言葉が聞きたいことも、今の不妊治療の経過が思わしくなく、転院したい場合にも利用可能で、その場合には、これまでの不妊治療経過がわかるものも用意しましょう。専門医が在籍するのはやはり首都圏に多い傾向ですが、船橋・西船橋・千葉などから来院する患者さんも受け入れる実績で選びましょう。では、船橋・西船橋・千葉などから来院する患者さんは、どんな治療を受けているのでしょうか。タイミング療法からはじまり、人工授精なのだそうです。沢山の患者さんが不妊治療を受けている産婦人科でできる治療に限りがあります。そこから先は、体外受精・凍結融解胚移植などの『高度生殖補助医療』となります。産婦人科では、待望の赤ちゃんができてからのサポートに、そして、生殖医療専門の施設では、こうした高度医療が行われています。もちろん、産婦人科でも、タイミング療法からのステップアップに悩む場合に、どうすべきかを気軽に相談して欲しい旨を伝えています。ちなみに、体外受精は1978年に世界で成功して以来、国内での実績も多数あります。船橋・西船橋・千葉などの患者さんの受け入れ体制を整える医療機関では、体外受精についての説明に余念がありません。ちなみに、体外ですべてを行うのが特徴の体外受精は、排卵前の卵子を取り出して精子と受精させ、子宮内に戻す内容です。どうしても諦められない、そうした夫婦向きなのかといえば、そうとは断言できません。医師いわく、卵管造影検査などで卵管の異常がある人、精子の数が少ないことを条件としているようです。それにより、今や17人に1人が体外受精に成功し、待望の赤ちゃんと対面していることも情報として持ち上がっています。もちろん、向き不向きがありますし、医師によって勧めるかどうかも異なります。中には、不妊スクリーニング検査で正常であったものの、なかなか妊娠できていない場合には、受精問題もなきにしもあらず、しっかり説明してから体外受精を勧めることもあるようです。
『関連情報:船橋・西船橋・千葉・体外受精・不妊治療・産婦人科