TOP|ケータバンク(株)移動販売、キッチンカーの出店依頼、独立開業をトータルサポート

キッチンカーレンタル・リース - ケータバンク株式会社 - キッチンカー


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

業界最安。キッチンカーレンタル、リースはケータバンクへ。個人法人関わらず、独自の開業専用キッチンカーリースサービスで業界随一の安さでキッチンカーの開業をご提案。安心安全ハイクオリティーなキッチンカーをレンタルします。東京から全国対応致します。

近頃、キッチンカーの数が急展開で拡がっており、出店数が増加しています。 前は、クレープ屋あるいは焼き鳥屋などの出店がメインでしたが、ここへ来てタイ料理、中近東料理など、いくつものフードトラックが出店しています。キッチンカーでオープンすることは、多くのメリットがあります。 メリットのひとつに開業資金が少ないという点があります。 固定店舗と比較しますと、とても大きなアドバンテージといえます。 よく見られる飲食店を開業するというようなケースでは、初期投資である保証金や厨房機器費などは、300から1000万円は求められるといわれています。 仕事のジャンルによっては2000万円オーバーかかるケースがあります。 この点が移動販売ともなると、初期に掛かる資金は様々ですが、200から500万円でオープンすることができるといわれています。 どういう理由で初期に掛かる資金が抑えられるかとなりますと、テナントに払う保証金などが無い、内装費などが固定店舗と照らし合わせると減らすことができるポイントが非常に大きいといえます。 固定店舗のケースでは、業務によっては、水道工事であったりガス工事などで高い金額の改装費がかかるケースもあります。 移動販売のケースでは、車両の改造費は入用になるものの、最高でも自動車1台分の範囲内なので、固定店舗と対比させると軽減できるといえます。 加えて固定店舗のケースでは、内装において店のイメージや独自色を造り出すことも少なくなく、ここのところに高い金額の費用がかかるケースがあります。 しかしながら移動販売にはこの点が必要ではありません。生産品を供与した時点で完了します。 要するに、内装や家具等にいき過ぎた資金を用いないで済むことになります。 移動販売については、シンプルに取り扱う商品だけで勝負となると考えられます。 いずれにせよキッチンカーによる移動販売の出店については、固定店舗と比較対照すると初期に掛かる資金がはるかに低いといえます。
『関連情報:キッチンカー 出店