通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

観光地などでガイドをする、日本を外国の人に紹介するためには、通訳案内士という仕事人が活躍しています。案内人としてだけでなく、旅程管理能力、通訳・翻訳能力など総合的な能力を持つスペシャリストです。日本における観光庁長官が実施する国家試験でもあり、全国通訳案内士試験は年に一度行われており、詳しい内容は受験案内の項目にも記載されています。また、2018年より通訳案内士の資格がなくともガイドができるようにはなりましたが、日本への訪日観光客数をご存知でしょうか。3000万人に迫る勢いもあり、就職・転職に有利となる観光庁の通訳案内士試験に挑む(臨む)受験者数も増加傾向にあります。試験内容は日本語と外国語ですが、日本の地理や歴史、一般常識も勉強しなければなりませんし、通訳案内士の実務もあるので専門学校での学び方がおすすめです。また、旅行代理店などで活躍しているのなら、その実務経験が役立つこともあります。一次試験は筆記で、記述式またはマークシート方式です。合格率は15%から30%と決して高くはないため、難関試験の対策は必須です。語学力だけ優れていても、事象や時事的知識も問われる過去問もありました。地理や歴史、産業や経済、そして異文化交流も大事となる一般常識までの問題が出題されます。首都圏だけでなく、世界遺産は日本各地に訪日観光客を集める話題性もあり、地名などを漢字で記入することもあるなど、スペルや漢字での取りこぼしに注意しましょう。今は、通訳案内士試験を目指す人のための予備校、専門学校、通信教育などの教育施設やコースも沢山あります。参考書としては観光庁が公表する「研修テキスト」も参考になり得るようです。二次試験では、試験官数名による個人面接という内容です。これから必要とされるスペシャリストで、スポーツの祭典も重なり、訪日観光客を満足させる体制を整えるために有資格者の雇用が相次いでいます。2019年度の通訳案内士試験は8月に終了し、合格発表は11月の予定です。有資格者は、早くも活躍の幅を広げています。
『関連情報:通訳案内士試験